クロノスイス クラシック クロノグラフの買取価格・買取相場に関して。

ドイツ生まれでスイスへのリスペクトと計時にこだわるメーカーが「クロノスイス」だ。
クロノスイスクラシック クロノグラフは中古でも人気のスポーツモデルです。 クロノスイスの創業者であるゲルト・A・ランゲはクラシッククロノグラフという特別な時計について以下のように語っています。
「ボンネットを折りたたみ、イグニッション・キーを廻すと、思考が羽ばたきだすような感覚一私はいつの日か、 本物のクラシック・カーの美しさや魅力に匹敵する時計を作りたいと絶えず考えていました。
この意味で、私の『クラシック・クロノグラフ』には、実に時を超えたスタイルが表現されています。
その外観は、1940年代から50年代にかけて一世を風扉した、先駆的なクロノグラフのデザインにのみ基づいています。
この『クラシック・クロノグラフ』に見られる典型的50年代スタイルとは、たとえば美しい流線型を描くテイアドロップ型のラグや、クロノグラフ機能を操作する角形のプッシュボタンがそれに当たります。
文字盤も、ゴールド仕上げのアップライト・インデックスとそれぞれフォルムの異なる針も当時の雰囲気を努髭させます。
これらの要素に関し私は万事をなりゆきに任せることはしませんでした。
これらの要素が調和したひとつのデザインに到達するまでには、それこそ数えきれないほどスケッチを繰り返しました。私のクラシックに対する飽くなき追求を満たすには、そこまでする必要があったのです。
クロノスイスにあっては、外装の品質がムーブメントの品質と同等に優れたものでなくてはならないのはもちろんのことです。 一流の製品には、技を極めたクラフトマンシップが自ずと備わっているものです。
このような一流品こそが『クラシック』という名誉ある呼称で称えられるにふさわしいのです。
もちろんこの名誉には、その重大な意味を濫用してはならないという責任にもあります」 クロノスイスの中でもクラシック クロノグラフはケースがしっかりと設計されています。 クロノスイス創業者のこのクラシッククロノへの情熱を知れば知るほど、部品の一つ一つさえもが個性的な表情であることに 妙な納得感をいだいてしまう。
またクラシック クロノグラフはクロノスイスの中では中古の買取価格が安定しています。クラシック クロノグラフを売る場合信頼できる買取店をぜひ選びましょう。
クロノスイスなど時計買取の有名店が「ウルウル」です。